メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

昔離婚した時に家を出て元嫁が住んでいるけど任意売却で売却したい

タグ /

昔離婚した時に住宅ローンを組んでいて住宅ローンは慰謝料や養育費のかわりとしてそのまま住宅ローンを払い続けながら自分は家を出たという方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか?
一番多いのが元奥さんがそのまま住んでいて元主人は家を出て元主人名義の家やローンはそのままで住宅ローンも家を出た元主人がそのまま払っているというケースです。
離婚するときに元奥さんが専業主婦だったりパートさんだったりで収入がそんなにないけどのっぴきならない理由でとにかく早く離婚して別居したいという場合によくこうなります。
今回はそれで別居しながら10年ほど住宅ローンを払い続けてきていた元主人からのご相談のお話しです。

離婚後10年住宅ローン払ってきたけど再婚するからなんとかしたい

この元ご主人は10年前に離婚して賃貸マンションを借りて家を出て別居しました。
当然従前の住宅ローンを払い続けながら賃貸マンションの家賃も払ってきました。
しかし離婚から10年たって元ご主人にもひとつの区切りがやってきます。
元ご主人に新たな縁談ができたのです。
ひらたく言うと婚約して再婚したい彼女ができたということです。
元ご主人はちゃんと離婚しているので別に何も悪いことではありません。
以前に離婚していてバツイチだということも彼女には出会ったときから伝えていました。
ただ前の家の住宅ローンをそのまま払っているということだけは言っていませんでした。元ご主人は言い忘れていたと言っていましたがおそらく言い出しづらかったのではないでしょうか。
そして今の彼女との再婚が現実味を帯びてきたある日に彼女が新婚生活の新居は家賃がもったいないから家を買いたいと言い出したのです。二人の今の収入なら住宅ローンを組んでも払っていけるだろうからとも。
そうなると元ご主人も彼女に前の家の自分名義の住宅ローンがまだ残っていてずっと払っているということを言わざるを得なくなったのです。
すると彼女からはやっぱり前の家の住宅ローンは再婚前にきちんと清算してほしいと言われたそうです。
そして自分名義の家なので売却してしまうことを考えたのですが、元奥さんが今でも住んでいるため占有者がいる家をそのまま売却するわけにもいかず不動産会社に相談しても取り合ってもらえず、かといって住んでいる元奥さんに立ち退いてくれと言ってもはいそうですかとはならないだろうとひとりで悩んでいたということでした。
そして悩んでいるうちに住宅ローンを払うのがバカらしくなってきたというのです。そして住宅ローンの支払いをやめてしまいました。そして金融機関から督促がきて当社にご相談されたのです。

そして任意売却に。住み続ける元奥様にご説明

そして元ご主人からこのまま任意売却したいというご依頼を受けてまず元奥さんにも会いにいきました。元ご主人は会いたくないというのでこちらだけで行きました。
元奥さんをたずねると最初は納得がいかない様子でしたが、元ご主人が払いたくないから住宅ローンを払わなかったということは伏せて、収入が厳しいために払えないと聞いていますと一応オブラートをかけて元奥さんにはお伝えしました。
このまま放置するといずれこの家は競売になってしまいますとお伝えしました。競売になれば落札者から立ち退きを迫られれば元奥さんは断ることはできません。なので早かれ遅かれ家を出なければならないことになりますと。
もしそれでも家を絶対に出たくないというのであれば元奥さんで住宅ローンを立て替えて払っておくしかありませんと。
するとしばらく考えてわかりました家を出ますとのお返事がありました。
理由を聞くと、子供も大きくなったのでタダならここに住んでおいてもいいけど払わなければいけないのなら元主人名義の家のローンを私が払うのはまっぴらごめんだとの手厳しいお言葉でした。だから家を出て賃貸アパートに住むと。
これでなんとか無事?に元ご主人にとっては幸運にも家を任意売却する目処がたったのです。結構きついことを元奥さんには言われましたし元主人に伝えておいてと言われましたがそこはこちらとしても大人の対応?!をして双方にとっていいようにうまく仲介を致しました。
そして元ご主人の住宅ローンが代位弁済されて一括請求されるのを待って任意売却を進めていきました。
元奥さんはできるだけ長くタダで住んでおきたいということで任意売却の売却活動中の買主さんの内覧にご協力して頂くという条件付きで引渡しまで住んでもらうことにしました。
そして任意売却での買主が無事に決まり元ご主人が売買契約をしたあとくらいに元奥さんは引っ越していかれました。

元奥様にも感謝いただき納得の解決

元奥さんも任意売却にご協力頂きましたのでこちらもそれにお応えすべく債権者に交渉して元奥さんの転居費用の一部を売買代金の中から控除して払ってもらえることにもなりました。元奥さんも助かりますと喜んで頂けました。
元ご主人のほうも任意売却で前の家と住宅ローンを清算できたので、彼女と正式に婚約することができたとのことで決済のときに彼女さんも来られていて一緒に喜んで頂いたことが印象に残っています。
後日談ですがこの元ご主人と任意売却の事後処理でたまたま電話で話すことがあり、彼女さんと無事に再婚されて家を買って住んでいるとのことでした。
もちろん元ご主人は任意売却をしたときに住宅ローンを滞納したので新たな住宅ローンはしばらく借りられませんが、新しい奥さんが看護師さんだったので奥さん単独でも住宅ローンを借りられて家を買えたそうです。
お仕事は元ご主人もずっとされていますから家の名義は奥さんですが今は二人の収入で十分ゆとりをもって住宅ローンを払っているとのことでした。

離婚などで別居していて直接話しにくい相手がいて家の売却に悩んでいる方はぜひ経験豊富な当社にお早めにご相談ください。
今回のケースのようにいつもうまくいくとは限りませんができる限りうまくいくように私たちがかわりに相手とお話しして交渉致します。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却とは?

関連する任意売却の解決事例

元嫁が家から出て行かず任意売却が進まない
養育費代わりに住宅ローン払う約束したけど再婚したら両方は無理
再婚しても慰謝料代わりに住宅ローン払ってきたけどもう限界!

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

 

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/

 

 

最近の記事

離婚の際に夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたい場合はどうすればいい?

離婚するので夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたいとお考えの方は多いのではないでしょうか? ご相談で多いのは旦那が離婚して家を出て奥さんと子供が家に残るというケースです。 この場合で住宅ローンが夫婦の連帯債務もしくは旦那の単独名義の場合…

住宅ローンの返済が滞りやすい人の8つの傾向とは?多く当てはまる人はご注意!

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却で家を売却せざるを得なくなった人はどのような人が多いのでしょうか? 今まで数多くの住宅ローン問題のご相談を承ってきたなかで住宅ローンが払えなくなる人には一定の傾向があります。 思いつく限り8項…

親子リレーローンで二世帯住宅を建てたが息子がうつ病になり支払い不能に!

今回は両親の家に同居していた息子さんが結婚するとのことで父親名義だった家を二世帯住宅に建て替えて親子リレーローンを組んでいた千葉県松戸市のご相談者様のお話しです。 息子様の結婚を機にもともと父親名義で購入した土地建物の住宅ローンがまだ少し残…

任意売却後の残債900万円を60万円一括払いでチャラに!?いい話だがなぜ?

このご相談者様は6年前に任意売却をしたときに残債が900万円くらい出ました。そして毎月3万円ずつコツコツと6年間払ってきていたのでした。 途中何度か債権譲渡されて新しい債権者のサービサーから同じような債権譲渡の通知は何度か来ていたそうでまた…

トラックの運転手で収入が良い時に買った家のローンがもうしんどい

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか? しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。 今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった…

税金差押えで他社では売却できなかったが当社が任意売却で売却!

税金の支払いよりも住宅ローンの返済を優先して支払っているうちに税金の滞納額がどんどん増えてしまってはいないでしょうか? 税金の滞納があるといずれは差押えや参加差押えをされてしまいます。 いざ自宅を売却しようとしても滞納税金の差押えや参加差押…

新型コロナの影響が長引いていますがあなたの住宅ローンは大丈夫ですか?

自粛で大変だった緊急事態宣言が解除されたものの、これで収まるかと思いきやまたしてもコロナウイルスの感染者数が全国的に増えてきていていてこの先いったいどのようになっていくのか予断を許さない状況だといえるのではないでしょうか。 予想以上に長引い…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍