メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

差押えが付いていてリースバックを断られ、諦めていませんか?

タグ / /

いろいろな事情で家をリースバックしもらって住み続けようと考えた時に、インターネットなどでリースバックをよく宣伝しているリースバックの専門業者にまずは問い合わせる方が多いのではないでしょうか?
そこであっちこっちに問い合わせたものの断られまくってしまう人がいます。

それは『差押え』の登記がついてしまっている人です。

リースバックで有名な大手は「差押え」があると受けない

お断り

リースバック専門業者に真っ先に断られてしまうのが、『差押え登記がついている』場合です。

差押え登記は様々な理由でつけられるのですが基本的には何らかの債務不履行がある場合に債権者がその債権の保全のために差押え登記をつけるのが一般的です。難しいことを抜きにすると、もし家の売買などで持ち主が変わる場合に新しい持ち主は差押えがついたまま譲り受けることはまずありえないので、所有者が変わる前に必ず差押え登記を外さなければいけません。
つまり債権者からすれば『差押え』登記をしておけば勝手に売買されて債権をとりっぱぐれることが無くなるというメリットがあります。なぜなら差押えをしている不動産を売買する際には必ず差押えをしている債権者に声がかかるのですから。

その差押え登記がついているとリースバック専門業者は買取ができないという決まりになっているところが多いのです。買い取れないということは賃貸することも当然できないのでリースバックはできないということになるのです。

色々な原因で「差押え」は起こり得る

差押え解除には返済が必要

差押えで一番多いのは税金の滞納による差押えです。税金の滞納による差押えを解除してもらわないかぎりリースバック専門業者にリースバックしてもらうことができません。そのためには税金の滞納分を全額納めて差押えを解除してもらうしか方法はありません。税金の滞納額が少ない場合はともかく多額の滞納をしている場合は厳しいことが多いです。

あとマンションであれば管理費や修繕積立金、駐車場料金などを滞納していると管理組合から差押え登記をされてしまいます。この場合も滞納している全額を払って差押え登記を解除してもわない限りリースバックができなくなります。

そのほかにもカードローンやキャッシングなどの借り入れの返済を滞納すると貸金業者によっては仮差押え登記をつけてくる場合があります。仮差押えでも差押えと同じ保全効力がありますので仮差押えがついていてもリースバック専門業者には断られてしまいます。この仮差押えを外してもらうには最低限滞納している分を払う必要があります。

また住宅ローンを滞納して競売の申立てをされてしまうと競売開始決定の差押えをされてしまいます。この場合は住宅ローンの滞納分だけではなく住宅ローンの残金全額!を払わない限り競売の取り下げをしてもらえないため事実上売却しなければいけないのですが、そもそも差押えがついているとリースバック専門業者は買い取れないと言われるので困ってしまうのです。

差押えが付いてのリースバック、任意売却専門業者にお任せ下さい。

おまかせを

そんなこんなでお金に困っているからリースバックを検討しているのにその困っているそもそもの原因のために差押え登記をされてしまい、結果的にリースバックを断られて困ってしまった人が当社にご相談されることが多いのです。

リースバックを希望されているならこの時点で諦めるのはまだまだ早いですよ。
当社にご依頼頂いて任意売却の手続きを進めればリースバックできる可能性はまだまだ広がります。 ご安心ください。

先述のリースバック専門業者も直接リースバックで買い取る場合は差押えがついていると断るしかないのですが、当社が間に入って差押えをつけてきているところときちんと話をつけますので、その上でまたそのリースバック専門業者に打診すればリースバックで買い取ってもらうことが可能になるのです。

先日も競売申立てをされた後にありとあらゆるリースバック専門業者にかけあってダメだったというご相談者様からご依頼を頂き、当社で任意売却の道筋をつけて最終的には競売になってしまうまえにリースバック専門業者にリースバックしてもらいました。

当社は任意売却専門の不動産会社です。ご依頼を頂いた売主様のために動くのは当然なのですが、買主様のためにも動くのです。つまりなぜリースバック専門会社が差押えがついている不動産を直接買い取らないのかというところがミソなのです。

差押えがついている不動産というのは売買の手続きを進めていってもいつなんどきどうなるかわかりません。差押えを外しますと言っていて売買契約をしたもののいざ決済の段階になってやっぱり差押えは外せませんとなることだってあるのです。そういう時に買主様が普通の売買契約を結んでいれば購入手続きが前に進まず頓挫してしまうのです。場合によっては手付金などのお金の授受でもトラブルに巻き込まれる可能性があるのです。

なので当社は任意売却の専門業者として売買契約時には売主だけではなく買主にとってもデメリットのないようにもしものための特約を入れて契約しておくのです。
そうすることで買主様にとっても買えなくなることは痛手は痛手なのですが金銭的なマイナスは発生しないようにしておくことで、リースバック専門業者も安心して売買契約ができるというわけです。

差押えがついているからとリースバックを断られまくったとしてもぜひ任意売却の経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却とリースバック
任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

最近の記事

不動産担保ローンで家を失いかけたがリースバックで復活した方法とは?

自宅などの不動産を担保にお金を借りられる不動産担保ローンでの返済トラブルのご相談がここ数年確実に増えてきています。 不動産担保ローンの返済トラブル相談の中でも特に多いのが親の世代から住宅ローンの返済が終わっている家やマンションを相続で譲り受…

土地を買って決済してから家が建つ前に離婚することになったというご相談

マイホームを購入する際に土地と建物のセット売りの新築建売住宅ではなく、まず土地を購入してから建物を工務店やハウスメーカーで建てるという方法があります。 土地を買ってから建物を別で建てる場合は、まず全体のプランを出して全体の住宅ローン額を把握…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍

  • ×