メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

競売開始決後に自宅に来た業者に任意売却を頼むもうまくいかず当社が任意売却

タグ / / /

住宅ローンを滞納して債権者から競売申立をされて裁判所から競売開始決定をされてしまうと裁判所にその不動産が競売になっているという情報が開示されます。

競売開始決定をされるとすぐに不動産会社などが訪ねてきます!

その情報は裁判所に行けば誰でも見ることができますので、競売開始決定をされると自宅にいろいろな不動産業者などが訪ねてくることになります。
競売開始決定後に訪ねてくるのはほとんどが不動産会社です。

不動産会社が訪ねてくる目的は大きく2つです。

  • ①競売で入札する予定なので事前に様子を見にきた
  • ②所有者が任意売却する気がないかを確かめにきた

訪ねてこないまでもDMやチラシを送ってくる場合もありますがその場合はほとんどが②です。

①の場合は競売で入札する際の裁判所の資料だけでは不十分なので実際に現地を確かめにくるわけです。そしてせっかく現地に来たからにはチャイムを押して所有者がどんな人で出ていく気はあるのかどうかなどを事前に確かめようとするのです。競売で入札するにしてもお金をはたいて不動産を買うことには変わりはありませんのでできるだけ不確定要素を排除しておきたいというわけです。
なので競売開始決定をされると自宅の周りに不動産会社っぽい人たちがウロウロすることになります。

そして②の場合は自分たちが競売で入札をするわけではなく所有者に接触をして任意売却をするようならうちでやりませんかという目的でやってくることになります。

今回は競売開始決定後に自宅に訪ねてきた不動産会社に任意売却を依頼したもののうまくいかずに最終的に当社に相談されて任意売却できたというご相談者様のお話しです。

競売開始決定の送達から間髪入れず不動産屋が訪ねてきた!

ご相談者様は収入減から住宅ローンを滞納してしまい期限の利益を喪失して競売申立てをされてしまいました。そして裁判所から競売開始決定がされたという送達が届いてすぐぐらいに任意売却をしませんかと不動産会社が訪ねてきたそうです。

そこでご相談者様は説明を聞いて少しでも残債が減って楽になるならとその訪ねてきた不動産会社に任意売却を依頼したのでした。
その後2週間くらいのあいだに4件ほど購入希望の方が見にこられたのでひょっとしたら任意売却ですぐに売れるのではないかと思って少し期待していたそうです。
しかしその後はまったく見にくる人もおらずその不動産会社からの連絡もこなくなりご相談者様から連絡してもなかなか折り返してこない状況になったとのことでした。

そうこうしているうちに裁判所から執行官が自宅にやってきました。競売の現況調査です。そこで執行官の方からあと数ヵ月で競売の入札期間におそらく入るので任意売却を検討してはいかがですかと言われたそうです。
実はもう任意売却は不動産会社に頼んでいるんですとご相談者様が執行官に伝えると執行官は他社にも話を聞いた方がいいですよ、任意売却とネットで調べればたくさん出てきますよと教えてくれたそうです。
それでご縁があり当社にご相談されたとのことでした。

任意売却のセカンドオピニオンで新たな事実が発覚

ご相談者様から任意売却の依頼を頂き今の残債額と任意売却で売れそうな金額を調べて債権者に当社から連絡をしました。
するといつもよく任意売却でお世話になっている担当者だったので前に別の不動産会社から連絡がありましたかとお聞きしたのです。
すると連絡は2度ほどあったのですが買取業者の購入申込書を突然送ってきてこれでやってくださいと言ってきたので金額が安すぎるので債権者が断ったところそれ以後は何も連絡がこなくなったとのことでした。

これで謎が解けました。
ご相談者様が任意売却を最初に依頼した不動産会社は買い取ってもらえそうな業者にだけ家を見せたのですが金額が届かなかったので放置していた可能性が高いということです。
任意売却をイージーに考えている不動産会社に多いのですがローンの残債が売却相場よりも上回っているオーバーローン状態の場合には債権者の抵当権抹消に応じるライン次第では買い取り業者の提示する金額では届かない場合が多いのです。
そういう場合は一般のお客様を案内して転売目的ではなくそこに住むという実需のお客様に任意売却での購入を検討してもらう必要があるのです。

当社は普段からそういった一般のお客様を案内して任意売却での購入を検討してもらっていますので普通にできるのですが、普段から不動産業者どうしでのやり取りしかしていない不動産会社ではそのような一般の購入者を集める手段を持っていないためうまくいかなかったのです。

あやうくご相談者様は時間切れで競売になってしまうところだったのですが、当社に任意売却をご依頼頂いて2ヵ月目に一般のエンドユーザーのお客様をご案内して気に行って頂き、任意売却でご自宅を売却することができたのです。

競売だと恐らくですが住宅ローンの残債が1000万円ほど出そうな勢いだったのですが、任意売却で売却できたことで残債を300万円にまで減らすことに成功できたのでした。

競売が迫ったらすぐに任意売却専門の不動産会社にご相談下さい

任意売却は不動産売買の取引なので買主を見つけられなければ任意売却が成立することはありません。やはり普段からいろいろな買主に対して任意売却の取引をしている不動産会社が強いと言わざるを得ないのです。

競売申立てをされてしまう前に任意売却の手続きをすることが理想といえば理想なのですがもし競売申立てをされて競売開始決定がされてしまったとしてもまだ任意売却をあきらめるには早いです。
ただ競売開始決定をされると上記のようにいろいろな不動産業者が訪ねてきますのでハズレを引かないように注意する必要があります。
今回のご相談者様も裁判所の執行官のアドバイスがなければそのまま待ち続けて競売になってしまっていたかもしれませんとおっしゃっていました。
そうなると任意売却なら300万円まで減っていた住宅ローンの残債が1000万円残ってしまっていたかもしれず、その後の生活の負担が全然違っていた可能性があるということです。
それを考えると恐ろしいとご相談者様もおっしゃっておりました。

不動産会社に任意売却を依頼しているがうまくいっていなさそうだと思われる方はぜひ経験豊富な当社にまずはご相談ください。
セカンドオピニオンとしてのご相談でも大丈夫です。
競売までの期間は限られていますので任意売却を依頼している先の動きが悪い場合は時間だけロスしてしまうことになりますのでご注意ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却なら任意売却専門業者。一般の不動産業者と何が違うの?
任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

最近の記事

離婚の際に夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたい場合はどうすればいい?

離婚するので夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたいとお考えの方は多いのではないでしょうか? ご相談で多いのは旦那が離婚して家を出て奥さんと子供が家に残るというケースです。 この場合で住宅ローンが夫婦の連帯債務もしくは旦那の単独名義の場合…

住宅ローンを滞納しやすい人の8つの傾向とは?多く当てはまる人はご注意!

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却で家を売却せざるを得なくなった人はどのような人が多いのでしょうか? 今まで数多くの住宅ローン問題のご相談を承ってきたなかで住宅ローンが払えなくなる人には一定の傾向があります。 思いつく限り8項…

親子リレーローンで二世帯住宅を建てたが息子がうつ病になり支払い不能に!

今回は両親の家に同居していた息子さんが結婚するとのことで父親名義だった家を二世帯住宅に建て替えて親子リレーローンを組んでいた千葉県松戸市のご相談者様のお話しです。 息子様の結婚を機にもともと父親名義で購入した土地建物の住宅ローンがまだ少し残…

トラックの運転手で収入が良い時に買った家の住宅ローンが払えない!

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか? しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。 今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった…

住宅ローンの滞納5ヵ月分の状態で払っていたが突然の一括請求が!

住宅ローンの返済を遅れ遅れでなんとか払っているという人も多いのではないでしょうか。 一度返済が遅れると取り戻すことは難しい 住宅ローンでも家賃でも借金でも毎月払わなければならない分を一回でも遅れてしまうとその遅れた分を取り戻すのは簡単なこと…

新型コロナの影響が長引いていますがあなたの住宅ローンは大丈夫ですか?

自粛で大変だった緊急事態宣言が解除されたものの、これで収まるかと思いきやまたしてもコロナウイルスの感染者数が全国的に増えてきていていてこの先いったいどのようになっていくのか予断を許さない状況だといえるのではないでしょうか。 予想以上に長引い…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍