メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

任意売却後の残債務の債権をサービサー(債権回収会社)が買い取るってどういうこと?

タグ / /

任意売却後、売却価格よりも住宅ローンの残債務が大きい場合には残債務が発生します。この残債務は最終的にはどうなってしまうのでしょうか?

任意売却後に残った残債務は、最終的には不良債権として、債権者からサービサー(債権回収会社)に売却されていくことが多いです。

ここでは任意売却後の残債務がサービサー(債権回収会社)に売却されたらどうなるのかを中心に見ていきましょう。

 

任意売却後も残債務の支払いは免除されません

バツする男性
図: 免除されるわけではない

オーバーローンでの任意売却後に残債務が残ってしまったらその残債務の支払いはすぐに免除されるというわけではありません。しかし、任意売却後の残債務の債権は債権者にとってもあまりうまみのあるものではないというのが事実です。

なぜなら任意売却後の債権はいわゆる無担保債権となり、もし債務者の支払いが滞っても任意売却前のように債権者が抵当権を実行したりして回収することができないからです。

債務者から無い袖は振れないと言われてしまうと、債権回収がとたんに難しくなってしまうのです。

ですので、このような任意売却後の無担保債権は、不良債権としてある程度のタイミングでサービサーと呼ばれる債権回収業者に売却されることが多いのです。

その後、サービサー<債権回収会社>に売却が行われた後は、そちらに支払い義務が引き継がれることになります。

売却されるのが無担保債権というのがミソ

家とお金
図: 買い取るのは不良債権

任意売却後の残債務が免除されるということはないと申し上げましたが、上記の通り不良債権としてサービサー(債権回収会社)に売却される際に、不良債権ということもあり元々の債権額よりもかなり低い金額でサービサーは買い取っているということがポイントです。

例えば残債務が1000万円残っていたとしてサービサーがその何%かで買い取っているという場合です。

こういう場合には交渉により残債額の減額やより負担の軽い分割返済に応じてくれるケースがあるということです。

任意売却後の残債務の支払いは交渉で減額できることがある

減額
図: 減額できる可能性がある

住宅ローンを融資していた銀行は、住宅ローンの延滞が一定回数を超えた段階で保証会社から住宅ローン残債務全額の代位弁済を受けて、すべての住宅ローン債権を保証会社に譲渡してしまいます。

代位弁済で住宅ローン残債務の債権を譲渡された保証会社も、抵当権がついている住宅を競売や任意売却で処分して全額もしくは一部を回収したあと、残りの残債務に関しては不良債権としてサービサーに売却するのです。

保証会社はそもそも、

  • ◎住宅ローンの保証に入る際に支払われた保証料
  • ◎住宅の任意売却または競売での回収

で、元が取れているので、それ以上の残債務の回収についてはあまり期待せずに、債権額の数%という金額でサービサー(債権回収会社)に売却することが多いのです。

残債務の債権を買い取ったサービサーとの交渉で減額される可能性があります

交渉で減額可能
図: 交渉の結果次第で

サービサーは、債権額の元本よりも大幅に低い金額で残債務の債権を保証会社から買い取りしていますので、理屈では額面全額を返済してもらわなくても利益が出ることになります。

もちろん本音では全額返済してもらうのが一番利益が出るのですが、それが出来ないから債務者が任意売却や競売で住宅を処分した後だということはサービサーも百も承知の上なのです。

もともと回収可能な確率の低い無担保の不良債権なので、返済については過度の期待をしていないともいえます。

そのため交渉次第では、

  •  ◎残債務よりも安い金額で債権を一括払いで買い戻す
  •  ◎生活に負担のない範囲での低額での分割返済

に応じてもらえる可能性も十分に考えられます。

【重要】任意売却を行う前に十分説明を受けられたかがポイント

任意売却の説明
図: 十分な説明を受ける

このような内容を、

  • ◎任意売却を行ったあとで初めて知る
  • ◎任意売却を行う前の相談の時点で知っておく

のとでは、任意売却を行っている最中の精神的な安定感がまるで違います。

どうなってしまうのだろうという不安を持ちながらの日常生活を送りながら任意売却を進めていくことは精神的につらいですし、仕事などにも影響しがちです。

私たちエイミックスは任意売却の専門の不動産業者として、任意売却のことだけでなく、任意売却後のことに関してもできるだけ安心してもらえることを最優先に取り組んでいます。

なぜなら任意売却をすることだけが目的ではなく、あくまでも解決の手段としての任意売却であり、ご相談者様とそのご家族が元の不安のない生活を取り戻して頂くことが本当の目的だからです。

不安で夜も眠れないというご相談者様も多いです。

私たちにご相談頂くことで少しでも不安が払拭でき、今後の将来に少しでも希望を持って頂くことを願って、私たちは日々任意売却に取り組んでおります。

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

最近の記事

管理費や修繕積立金の滞納で管理組合から競売申立されると意外に大変

マンションの管理費や修繕積立金を滞納して滞納額が多額になってくると最終的にはマンション管理組合から差押えをされて競売申立てをされてしまいます。 一度マンション管理組合からの競売申立てをされてしまうと競売申立てを取り下げてもらうには管理費や修…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍