メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

任意売却ができないという事態にならないために一番大切なこと

タグ / /

任意売却ができないというケースはあるのでしょうか?また任意売却ができないという事態にならないためにはどうすればいいのでしょうか?その答えは実は・・・『債権者債務者の関係性』なんです。
住宅ローンが払えなくなり任意売却での解決を選択した場合に、住宅ローンの残債が家の売却価格よりも大幅に残っているオーバーローン状態であれば、債権者である金融機関の了承が必要です。
例えば住宅ローンの残債が2000万円残っていて家をどう頑張って売却しても1600万円くらいでしか買い手は見つからないというような場合です。
住宅ローンの残高まで400万円も足りません。
こういった場合では、もし競売になってしまうと競売落札額が1200万円程度になると予測されるので任意売却で売却すれば債権者である金融機関の回収額が1200万円から1600万円に増え、債務者の残債も800万円から400万円に減るのでお互いにこのあたりの金額で妥協して手打ちにしましょうという形になります。

大切な債権者と債務者の関係性

しかしここで問題になってくるのが上記の『金融機関の了承』についてです。
住宅ローンを完済できないけど競売よりはよい条件なので手を打とうというときに『債権者と債務者の関係性』が悪いとうまくいかないケースがあるのです。
具体的には『さんざん督促したのに連絡ひとつよこさなかったのに競売申立てをしたら任意売却業者をつれてきて任意売却したいと言い出した』というようなケースです。
もちろん競売申立てをされてしまってからも任意売却に応じる場合も多いのですが、その大前提としてそうなるまでの債務者の姿勢というか行動があまりにも不誠実だと債権者である金融機関は任意売却に応じないケースがあるのです。
経済的合理性でいうと任意売却に応じた方が債権者である金融機関としても損失が少なくなるのですがそれ以前の心証というのは債権者が任意売却に応じる際にわりと重要なファクターだったりするのです。
こうなってしまうと『残債額を下回る額での任意売却には応じませんのでいくらで売却してもいいですが残債額は全額返してください』ということになり事実上任意売却はできなくなってしまうのです。
上記の例でいうと住宅ローンの残債が2000万円残っていて1600万円で買い手がついて競売に比べればそこそこ良い条件だと思っても、1600万円で売却するのは自由ですが足らずの400万円を含めて全額返済しないと抵当権は抹消しませんよということになってしまうのです。

債権者が任意売却に応じないときは理由がある

債権者である金融機関側からみるといくら競売よりも任意売却のほうが回収額が増えるといっても残債額を下回っていることに変わりはないわけで、今まで不義理をしていた債務者のためにそこまで妥協する必要はないという結論なのです。
債権者である金融機関としては競売でもし大幅に安く落札されたとしてもそれは法的な入札手続きでそうなってしまったのだから仕方がないという判断をするということです。
最近のご相談者様で全く同じケースがあり、私たちから債権者に対して債務者が任意売却の意向がある旨を伝えてもまったく取り合ってもらえず全額返済でしか応じないと一点張りでした。それば無理ならこのまま競売で処理することもやむなしという態度です。
よくよく聞いてみるとその債務者は度重なる債権者からの通知を全て無視していました。
サービサーに移ってからもまったく連絡が取れないのでそのサービサーの担当者が家を見に行ったときにも居留守をしたという記録もあったそうです。
なので債権者としてはこのケースは競売で処理するとう方針で固まったそうです。
その後になって任意売却したいと言ってきても何を今さらという感じなのです。
どうせずっと連絡つかなかったしそのまま競売になったと思えば一緒のことだからです。

債権者には誠実に対応を

いかがでしょうか。
いくら経済的に合理的だとしても債権者に対して債務者があまりにも不誠実な対応を取っていると、いよいよというときに債権者が任意売却に応じてくれないということは珍しいことではないのです。
こうなってしまうといくら任意売却をしようとしてもどうすることもできません。
こうなる前に債権者には連絡をしておくべきだということです。
住宅ローンを滞納してしまったが金融機関に連絡ができておらず任意売却ができずに困っているという方はぜひ任意売却の経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番よい形での問題解決をご相談者様と一緒に一生懸命考えて債権者とも一生懸命交渉します。

任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
物件種別
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

 

最近の記事

離婚の際に夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたい場合はどうすればいい?

離婚するので夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたいとお考えの方は多いのではないでしょうか? ご相談で多いのは旦那が離婚して家を出て奥さんと子供が家に残るというケースです。 この場合で住宅ローンが夫婦の連帯債務もしくは旦那の単独名義の場合…

住宅ローンの返済が滞りやすい人の8つの傾向とは?多く当てはまる人はご注意!

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却で家を売却せざるを得なくなった人はどのような人が多いのでしょうか? 今まで数多くの住宅ローン問題のご相談を承ってきたなかで住宅ローンが払えなくなる人には一定の傾向があります。 思いつく限り8項…

親子リレーローンで二世帯住宅を建てたが息子がうつ病になり支払い不能に!

今回は両親の家に同居していた息子さんが結婚するとのことで父親名義だった家を二世帯住宅に建て替えて親子リレーローンを組んでいた千葉県松戸市のご相談者様のお話しです。 息子様の結婚を機にもともと父親名義で購入した土地建物の住宅ローンがまだ少し残…

任意売却後の残債900万円を60万円一括払いでチャラに!?いい話だがなぜ?

このご相談者様は6年前に任意売却をしたときに残債が900万円くらい出ました。そして毎月3万円ずつコツコツと6年間払ってきていたのでした。 途中何度か債権譲渡されて新しい債権者のサービサーから同じような債権譲渡の通知は何度か来ていたそうでまた…

トラックの運転手で収入が良い時に買った家のローンがもうしんどい

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか? しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。 今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった…

新型コロナの影響が長引いていますがあなたの住宅ローンは大丈夫ですか?

自粛で大変だった緊急事態宣言が解除されたものの、これで収まるかと思いきやまたしてもコロナウイルスの感染者数が全国的に増えてきていていてこの先いったいどのようになっていくのか予断を許さない状況だといえるのではないでしょうか。 予想以上に長引い…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍