メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい ハウマッチ メール相談ボタン LINE面談PC ハウマッチスマホ 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

定年退職後の住宅ローンが払えなくなりそうな方の早めの対策法

タグ / /

50歳代になって定年退職が近づいてくるにつれて果たして定年退職後の住宅ローンが払えるだろうかとご不安ではないでしょうか?
30歳代後半~40歳代以降で35年の住宅ローンを組んで家を購入して定年退職後に住宅ローンが払えなくなるケースは年々増えています。
60歳で定年退職するとしても上記のようなケースだと定年退職後に10年以上の住宅ローンの返済期間が残ることになります。
そして年金生活になり月々の10万円前後の住宅ローンが払えなくなってしまうのです。

住宅ローンは長期に渡る長丁場のローン

住宅ローンを借り入れた当初は将来的に給料が上がって収入が増えた時に多めに住宅ローンの返済をしようとか、退職金が入ったらそれで多めに返済しようとか、先のことは先のことで何とかなるだろうとか人によってそれぞれです。
しかし住宅ローンは35年返済という長丁場の返済になるため、その長い返済期間のあいだには自分自身の状況も当然変化しますし周辺環境も変化します。そしてその変化の振れ幅は年々どんどん大きくなっていっているのが現実なのです。
なので35年返済の住宅ローンを借り入れた時には予想だにしなかった状況に20年たってなってしまっているということも珍しくありません。
ただ定年退職するまで頑張って住宅ローンを払ってきたのですからいいこともあります。
それはそこそこ住宅ローンの残高が減っているということです。
ここまで返済してきていればおそらく普通に売却しても今の景気状況であれば住宅ローンを完済する形で売却することは可能です。

そのまま住み続けるという選択肢もある

また今さら引っ越すのは嫌だという場合はリースバックを検討するとよいしょう。
リースバックであれば家を売却したあとに家賃を払って家に住み続けることができるからです。
またとりあえず住宅ローンがはらえない場合にリースバックで売却して住宅ローンを片付けてしまったあとで、親族や子供さんなどに買い戻してもらうこともリースバックであれば可能になります。
そうすることで長年住み慣れた家を離れなくて済むのです。
ポイントとしては住宅ローンが払えなくなりそうな時の住宅ローンの残高がどれくらいになっているかです。
完全に住宅ローンが払えなくなる前に払えなくなりそうな段階でリースバックを検討すると後手後手に回らずにすみます。
定年退職後の住宅ローンが払えないというご不安がある方はぜひ経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番よい形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却相談の解決事例 定年退職・老後

 

フリーダイヤルPC用
メールPC用

案内スマホ用

お問い合わせスマホ用

ハウマッチボタンスマホ用

 

 

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

ハウマッチバナー