メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい ハウマッチ メール相談ボタン LINE面談PC ハウマッチスマホ 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

リバースモーゲージよりリースバックで老後資金を確保できた!

タグ / /

今回は老後資金の確保のためにリバースモーゲージを検討していたのですがなかなか条件が厳しくリースバックで老後資金を確保できたご相談者様のお話しです。

老後のためにと自宅を担保にリバースモーゲージを検討したが…

リバースモーゲージ

今回のご相談者様は数年前にご主人様を亡くされて住宅ローンの残債はご主人様の団体信用生命保険が適用されてゼロになっていました。
しかしある程度の歳になってから一人暮らしになったのと年金だけの収入のため今後の生活に不安を持っていて、病気やケガなど万が一のことが起こった時に年金だけでは心配なので、万が一に備えたお金の準備をしておきたいと思っていたのです。

それで銀行のリバースモーゲージを検討したとのことでした。リバースモーゲージであれば自宅を担保に老後の資金が借りられると期待していたのですが、借り入れ可能な金額は期待していたものには程遠いものでした。
そしてリバースモーゲージの毎月の返済に関しては利息分だけなので負担が少ないのですが、ご自身が亡くなったときには元金をまとめて返済する必要があるのです。
そのためにリバースモーゲージの契約には相続人の承諾が必要となっているのです。
借り入れ本人が亡くなった場合には相続人が現金で先に一括返済するか、リバースモーゲージの担保に入れた自宅を売却して返済することになるからです。
結果的にリバースモーゲージでは相続人である子供たちに家があるとはいえ借金を残すことに変わりはなく、自分自身の老後資金を確保するがためにそこまでしてもいいものかという葛藤があったそうです。

そしてリースバックという方法を知る

リースバック

そこでいろいろさがしてリースバックという方法があることを知ったとのことでした。
私どもにご相談されて、まずはリースバックはリバースモーゲージとは違い家賃を払っていかなければいけないことや相続人に家を残せないことなどの点をご説明させて頂きました。
ご相談者様もそこには納得済みで、リースバックの方がご自身が亡くなったあとに借金を残さずにすみますし相続人にも迷惑をかけずに老後資金を確保できそうとのことでリースバックを前向きに検討されることになりました。
そのあとに一応相続人であるお子様たちにも相談したそうです。お子様たちといってもみんな独立していてそれぞれ家族もあって家もすでに持っていたため、お父さんとお母さんの家なのだから自由に使ったらいいと言ってくれて後押ししてくれたそうです。
そしてリバースモーゲージよりも当社のリースバックの査定額のほうが高かったのもあり、さらに自宅には住宅ローンが残っていなかったためスムーズにリースバックの手続きを進めることができました。
リースバックで売却するときにご相談者様の手元にはまとまったお金は入ってきますが、毎月のリースバック家賃が高すぎればまたいずれ老後のお金の心配が長生きするほどに出てきてしまいますので、そうならないためにもリースバックの家賃もできるだけ年金の範囲内で支払うことができる金額におさまるように調整しました。

決済引渡しのときにご相談者様からこれで老後資金と老後の生活の目処がなんとか立ちそうです。自分が元気なうちに家も売却できて相続人である子供たちにも先々の面倒をかけずにすみそうです。本当にありがとうございました。と喜んで頂きました。

老後の生活が年金だけでは不安があるという方はぜひリースバックの経験豊富な当社にお気軽にご相談下さい。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

 

関連コンテンツ

任意売却とリースバック 売却後も自宅に住み続ける

 

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る


ハウマッチバナー