メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

離婚したが自宅の住宅ローンが夫婦共有のまま放置!どうする?

タグ / /

夫婦で共有名義の不動産を所有していて離婚するとなったときに、夫婦で協力して共有不動産の処理をしてから離婚するのが一番きれいなのですが、なかなかそういうわけにはいかず、とりあえず離婚はしたものの共有の不動産はそのまま放置してしまったというケースは多いです。

離婚する時の家と住宅ローン問題

夫婦の会話

いろいろな事情があっていざ離婚しようとなったときに、

『じゃあこの家はどうすんの?共有名義だし連帯債務だし・・・。』

『そんなこと言われても知らん』

と共有不動産を残して離婚した夫婦はだいたいこんな感じだったとのことです。

そしてそこからまずたどる道はもうほとんどみなさんが同じです。
不動産一括査定サイトなどに登録して不動産会社に家の査定に来てもらうのです。もしくは普段からチラシが入っている不動産会社の場合もあります。
どちらにしろ家の査定をしてもらうのですが、出てくる査定価格がことごとく住宅ローンの残高を下回っているのです。

『売却する場合は差額の分を現金で用意してください』

と査定してもらった営業マンに言われてしまい困ってしまうのです。

『チラシには購入希望者がいるとか書いてあったから売却できると期待していたのに・・・』と思ったのではないでしょうか。

お金に余力があればそのお金を使って差額を埋めることで売却できるのですが離婚して今後の生活もありますしひょっとしたらどちらかが養育費や慰謝料を払わなければいけないとなっていれば離婚に際してお金はできるだけ使いたくないのです。

そしてだいたいその後に銀行に相談して住宅ローンをどちらかに一本化しようと考えます。
しかしそれもなかなかイージーではありません。むしろ売却するよりも難しいことが多いです。だいたい家に住み続けるのが元奥様のケースが多いのですが元奥様が単独で今まで共有だった住宅ローンを引き受けられるかというとなかなか難しいのが現実なのです。

それで時間切れになりだいたい離婚協議や口約束でどちらがいくら住宅ローンを負担するという形で離婚して別居していくケースがほとんどです。

しかしこの状態ではどちらかが住宅ローンを払わなくなればその都度トラブルになるという状態を、住宅ローンが完済されるまで続けなければならないのです。離婚しているのでまったくの他人になっているのに住宅ローンは一連託生となっているのです。それだけ住宅ローンの連帯債務の絆は残念ながら強いのです。この絆は勝手に消えることは絶対にありません。

こうなると不安定な状況が続くのでお互いによくありません。
やはり離婚して数年がたてばお互いに新しい生活にも慣れてきていますし、それなりに新しい変化が出てくるからです。
新しく家族が増える場合もあるでしょう。離婚しているのですから誰と付き合おうと結婚しようと自由です。しかし前述の住宅ローンの連帯債務の絆だけは切れていないのです。新しいパートナーにこのことを話すとだいたいはその連帯債務をきれいに清算してほしいと言われます。新しく家族になるのですから当然のことですよね。

私達がアドバイスするのは任意売却

アドバイス

こういう形で離婚した元夫婦のどちらかから家の売却のご相談を私たちに頂くことも多いです。
ご相談頂いてからは私たちのほうでもあらためて家の査定をしますがほとんどが住宅ローンの残高のほうが査定額より上回っており、そのまますんなり売却することは難しいです。

そこで私たちがアドバイスするのが任意売却で連帯債務の家を売却することです。
ご相談者様には任意売却の流れで家が売却できて住宅ローンの連帯債務を解消できることを説明すればだいたいご理解いただいてご依頼頂くことがほとんどです。

しかし離婚案件はここからがまた大変なのです。
離婚した相手方にも同じ任意売却のご説明をして納得していただかなければならないからです。
ここで相手方が何勝手なこと言ってるんだとなって交渉が決裂すれば任意売却での売却で連帯債務を清算することは不可能となります。
そこは私たちのほうでも誠心誠意ご説明するのですが相手方の理解が得られないとそれ以上先には進めないのです。

では離婚した相手方の理解が得られなければこれからもずっと連帯債務を解消できないまま泣き寝入りしるしかないのでしょうか?
今の新しい生活を新しいパートナーとせっかく踏み出そうとしているのに、過去の連帯債務が足かせになって前に進めないといのではあまりにも殺生です。

解決方法あります。

実はそれを解決する方法はあります。
あくまでご相談者様が今と過去のどちらを優先するかの考え方次第なのですが、少々強引な方法にはなりますが連帯債務は必ず消すことができます。
なのでなりふり構わず過去の遺産である住宅ローンの連帯債務をきれいさっぱり消したいのであればこうするしか方法はありません。

その解決方法とは?!

ここで教えしたいのはやまやまなのですが、残念ながらここでは少し刺激が強すぎて書けません。
私たちに直接ご相談ください。必ず解決してみせます。
なりふりかまわず過去の離婚の遺産である連帯債務を清算したいと強く思っている人はぜひ経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

最近の記事

不動産担保ローンで家を失いかけたがリースバックで復活した方法とは?

自宅などの不動産を担保にお金を借りられる不動産担保ローンでの返済トラブルのご相談がここ数年確実に増えてきています。 不動産担保ローンの返済トラブル相談の中でも特に多いのが親の世代から住宅ローンの返済が終わっている家やマンションを相続で譲り受…

土地を買って決済してから家が建つ前に離婚することになったというご相談

マイホームを購入する際に土地と建物のセット売りの新築建売住宅ではなく、まず土地を購入してから建物を工務店やハウスメーカーで建てるという方法があります。 土地を買ってから建物を別で建てる場合は、まず全体のプランを出して全体の住宅ローン額を把握…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍