メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

早期に任意売却に踏み切ればあとで圧倒的にラクになれますよ

タグ / / /

住宅ローンが払えなくなりそうという早期の段階から競売の入札期日が迫っている場合まで、私たちは様々なタイミングで任意売却のご相談を頂くのですが、任意売却後の生活が圧倒的にラクになるのは住宅ローン滞納の早期の段階で私たちにご相談頂いて任意売却に踏み切ったご相談者様です。これは経験上100%言い切れます。
住宅ローンが払えなくなってから任意売却に踏み切るまでに時間がかかるほど任意売却した後の生活にもいろいろな部分で対応が遅れたことが影を落とすことになるのです。
例えばこんな任意売却に踏み切るのが遅れたご相談者様のケースがありました。

任意売却に踏み切るのが遅れたケース

数年くらいにわたって断続的に住宅ローンが払えなかったご相談者様のケースです。
住宅ローンの返済が遅れては返してを繰り返しながらどうにか耐えてきていました。住宅ローンの滞納が3回分くらいたまったら1~2回分を返済したり、ボーナスが入ったら数ヵ月分の滞納分を一掃したりしながらも、常に遅れ気味な状況でずっときていました。
その間に固定資産税も毎年かかってくるのですが固定資産税まではお金が回らずに遅延損害金も含めて50万円ほどを滞納してしまいました。
そして住宅ローンの滞納回数も6回目になり遅れをすぐには解消できない状況になりとうとう期限の利益を喪失してしまい代位弁済されて残金の一括請求をされてしまったのでした。
この時点でそこからでもすぐに任意売却に動けばまだよかったのですが、ご相談者様は戦意喪失してしまいすべてが投げやりになってやる気を失い何もせずに放置してしまったとのことでした。
そして債権者から競売の申立てをされてしまい競売開始決定の差押えをされてしまいました。その後しばらくして競売の入札資料を作るために現況調査で裁判所の執行官が家にやってきたのです。そこで執行官から競売になるまでにあと1~2ヵ月くらいはあるから今から任意売却をしてみてはどうかと教えて頂いたとのことでした。
それで初めて当社にご相談を頂いて任意売却に着手しました。そして任意売却は成功して競売は回避できたのですが、ご相談者様には任意売却後の住宅ローンの残債と固定資産税の滞納分、そしてその他消費者金融などからの借り入れもあったので総額で数百万円の負債が残ってしまいました。
任意売却で競売は回避できて家は売却できたのですが、数百万円の借金と固定資産税の滞納分をかかえての新たな生活のスタートになりました。
もちろん貯金などもありません。任意売却に着手するときにはすでにすっからかんだったからです。
任意売却がうまくいったとしてもこれ以上はどうしようもなかったのです。

任意売却に早期に踏み切ってその後の生活も楽になったケース

上記とは逆に早い段階から任意売却に踏み切ったおかげで任意売却後の生活がかなりラクになったケースもご紹介します。
上記と同じようにご相談者様は数年にわたって住宅ローンを遅れては払うを繰り返してきていました。実質的には家計はマイナス収支だったのですが貯金を取り崩しながらなんとか遅れたとしても滞納がたまらないように住宅ローンを払い続けてきていたのです。
しかし貯金が底をついたときにもうだめだと思って当社にご相談されたのです。
このとき固定資産税も数年分の滞納がありました。
ここまでは前述のご相談者様と同じなのですがここから起死回生のリカバリーになるのです。

同じ住宅ローン滞納を繰り返してきた境遇でも…

まずこちらからの提案として任意売却の手続きのご依頼は受けますが任意売却を行う意思表示を債権者にすることをできるだけ先延ばしにしてもらいました。ご相談頂いた時点で住宅ローンの滞納はありませんでしたので向こう3~6回分くらい滞納するまで期限の利益は喪失しないと予測したからです。
そして毎月10万円の住宅ローンの支払いをあきらめた分をせっせと固定資産税の滞納分の返済にまわしてもらいました。
そして3ヵ月後には固定資産税の滞納分はすべて納付することができました。
そのあとも債権者から期限の利益を喪失するという通知がくるまでは住宅ローン返済分の毎月10万円を手元にできるだけ残しておいてもらったのです。
そして一括請求されたタイミングで本人から債権者へ任意売却をしたいという意思表示をしてもらいました。
そこから任意売却を始めて5か月後に買主が見つかり売買契約をしてその1ヵ月後に任意売却の決済を行いました。なのでさらに6ヵ月間の住宅ローンに支払うべきだった毎月10万円のおおかたをご相談者様のお手元に今後の生活の軍資金として残すことができたのです。
引越し代は任意売却で債権者からも補助して頂けたので、任意売却後の住宅ローンの残債は残ったものの、その他の借金もなく、税金の滞納もない形で手元に貯金を残して新たな生活をスタートさせることができたのです。

任意売却に踏み切るタイミングで天国と地獄の差

いかがでしょうか。まさに天国と地獄ではないでしょうか。
同じ任意売却でピンチを乗り切っても、一方は貯金無し・その他借金有り・税金滞納有りだったのに対して、もう一方は貯金有り・その他借金無し・税金滞納無しです。
この大きすぎる違いの原因は実はたった一つです。
完全にすっからかんになる前に早期に任意売却に踏み切ったかどうかだけなのです。
住宅ローンの返済がラクちんだということはまずないと思います。みなさん家計の中から一生懸命にやり繰りして毎月の返済をされていると思います。
しかしもし頑張ってもダメならあまり引っ張り過ぎても状況が好転することは経験上少ないです。
今回は極端な2つの事例を比較しましたが、どの時点で任意売却に踏み切ったかで任意売却後の生活の負担が大きく変わるということがご理解いただけるのではないでしょうか。
必死に頑張ってもダメならあとでしんどくなるよりもあとで少しでもラクになれる方法を考えていくことも長い人生では必要なことなのかもしれません。
住宅ローンの返済があやしい、次の住宅ローンが払えないなどでお困りの方は経験豊富な当社にまずは今すぐご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却とは?
競売回避。競売が進む前に任意売却を実施可能な期限はいつまで?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ / /

 

最近の記事

不動産担保ローンで家を失いかけたがリースバックで復活した方法とは?

自宅などの不動産を担保にお金を借りられる不動産担保ローンでの返済トラブルのご相談がここ数年確実に増えてきています。 不動産担保ローンの返済トラブル相談の中でも特に多いのが親の世代から住宅ローンの返済が終わっている家やマンションを相続で譲り受…

土地を買って決済してから家が建つ前に離婚することになったというご相談

マイホームを購入する際に土地と建物のセット売りの新築建売住宅ではなく、まず土地を購入してから建物を工務店やハウスメーカーで建てるという方法があります。 土地を買ってから建物を別で建てる場合は、まず全体のプランを出して全体の住宅ローン額を把握…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍