メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

離婚して家を売却したかったが元奥様が居座るので強引に任意売却!

タグ / /

今回のお話はずいぶんと前に離婚して家を出て住宅ローンを払いながら子供の養育費も払いきって家を売却しようとしたものの元奥様が居座ってしまい困ったということでご相談頂いたご相談者様のお話しです。

離婚した奥様が出ていかず一般の不動産屋では売却できない!

家とローンの名義はご相談者様の単独ですので本来であれば家の売却も自由にできる状態です。
しかし離婚した際に自分が家を出て奥様とお子様2人が家に残るという形になり、お子様2人はすでに成人して家を出たのですが元奥様はそのままずっと居座っていて家を売却しようにも家の中を買主に見てもらうこともできませんでした。
しかも元奥様が占有者として居座っている家を買う人などいるはずもなかったので地元の不動産会社ではどうにも売却が進まなかったというわけです。

ご相談者様が当社にご相談される前に売却を依頼した地元の不動産会社も手をくまねいていたわけではありません。所有者であるご主人から家の売却依頼を受けているということで何度も家を訪ねて元奥様と話し合おうとしていたようです。しかし元奥様も危険を察知したのか居留守を使ったりするようになり、お手紙を送っても無視されるような状況が続いていました。
そしてこのままでは埒が明かないと思い当社にご相談されたとのことでした。

まずはなぜご相談者様が家を売りたかったのかをよくよくお聞きすると、

  • ・住宅ローンの支払いがあと10年ほどあるのが面倒
  • ・固定資産税ももう払いたくない

などお金のことを言っていたのですが、現状の収入からするとそこまでひっ迫している状況とは考えにくかったのです。
なのでさらに深くお聞きしていると、どうやら結婚を考えているお相手がいて今はお相手の家に住んでいるということをやっとお話しして頂きました。
新しいお相手との新しい生活に昔の住宅ローンを払うのが邪魔くさくなってきたというのがホンネでした。しかも養育期間もまっとうしてその間ずっと住宅ローンも払い続けて元奥様をタダで住まわせてきたのだからもういいだろうというお気持ちです。
なので自分の家なのだから売却して住宅ローンを清算しようと考えたのです。
そこへきて元奥様が立ち退かないという大きな壁が出現したというわけです。

任意売却で状況の打開を図る

私からのご提案としては普通にやってもおそらく立ち退かないので任意売却で揺さぶりをかけてみることをご提案しました。
簡単に言うと住宅ローンの引き落としがかからなくなるようにしたのです。
そうすることで督促状が元奥様が住んでいる家にも届くようになり、元奥様のほうから何かしらの連絡があるのではないかと考えたのです。
こちらの思惑通り、住宅ローンの引き落としが数回滞ったときに元奥様からご相談者様にどうなってるんだと連絡がありました。
次に引き落としがかからなければ一括請求がかかり一括で返済できなければ競売にしますよという催告書が届いたので慌てたのだと思います。

そのタイミングで私どもにつないでいただき、今の主人は仕事を辞めて払えない状況だと私どもから元奥様にはお伝えしたのです。
このままだと近いうちに競売になり競売の強制力で強制的につまみ出されてしまいますので、元奥様として取れる方法は次の2つです。
一つ目は今の住宅ローンの引き落とし口座に元奥様が入金して住宅ローンを立て替え払いすれば競売は免れることができるということ。そしてもう一つは家の任意売却に協力して競売よりもよい条件で売却できてもし余剰分が出ればその分は元奥様に渡すという気持ちがご主人にはあるということ。その2つの条件を伝えて返答を待ちました。

するとしばらくして元奥様から家の任意売却に協力するとの連絡がありました。元奥様もパートしかしておらず収入も少ないため住宅ローンを代わりにずっと払っていくことは物理的に難しかったのだと思います。

私たちはプロですから行き当たりばったりでこうなったわけではなく最初から見通しを立ててご相談者様にはご提案していました。
今の家の相場から任意売却すれば余剰が出ること、たとえもし競売になったとしても住宅ローンがある程度減っていたためおそらく残債は残らないだろうということはあらかじめ調べ済みでしたし、元奥様が資力がないこともご主人からの情報で分かっていたからです。
そのうえでご相談者であるご主人にもリスクを取って頂かなければならない点があり、住宅ローンを延滞したことで個人の信用情報に延滞歴が載ってしまうことや、もし元奥様が抵抗して長期戦になって競売手続きまでいくようになれば一括請求されて事故歴が残ってしまうことを承知してもらいました。
それでもご主人はもう今後家を住宅ローンで買うこともないだろうし、住宅ローンが消えるのであれば構わないとのことで私どものご提案で進めることになったといういきさつだったのです。

離婚時の住宅ローン問題もプロにお任せください。

結果的には思ったより早く元奥様側が動き出したので住宅ローンは一括請求にはならずに数回の延滞歴だけで全て完済することができました。
そして家の任意売却で諸経費を差し引いても余剰金が250万円ほど出たので、ご相談者様に50万円、残りの200万円を元奥様にお渡しすることで双方にご納得頂き無事に元奥様も引っ越していき家も任意売却して引き渡すことができたのでした。

離婚した後の住宅ローンの解決方法でお困りの方はぜひ経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却なら任意売却専門業者。一般の不動産業者と何が違うの?
任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

最近の記事

離婚の際に夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたい場合はどうすればいい?

離婚するので夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたいとお考えの方は多いのではないでしょうか? ご相談で多いのは旦那が離婚して家を出て奥さんと子供が家に残るというケースです。 この場合で住宅ローンが夫婦の連帯債務もしくは旦那の単独名義の場合…

住宅ローンを滞納しやすい人の8つの傾向とは?多く当てはまる人はご注意!

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却で家を売却せざるを得なくなった人はどのような人が多いのでしょうか? 今まで数多くの住宅ローン問題のご相談を承ってきたなかで住宅ローンが払えなくなる人には一定の傾向があります。 思いつく限り8項…

親子リレーローンで二世帯住宅を建てたが息子がうつ病になり支払い不能に!

今回は両親の家に同居していた息子さんが結婚するとのことで父親名義だった家を二世帯住宅に建て替えて親子リレーローンを組んでいた千葉県松戸市のご相談者様のお話しです。 息子様の結婚を機にもともと父親名義で購入した土地建物の住宅ローンがまだ少し残…

トラックの運転手で収入が良い時に買った家の住宅ローンが払えない!

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか? しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。 今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった…

競売開始決後に自宅に来た業者に任意売却を頼むもうまくいかず当社が任意売却

住宅ローンを滞納して債権者から競売申立をされて裁判所から競売開始決定をされてしまうと裁判所にその不動産が競売になっているという情報が開示されます。 競売開始決定をされるとすぐに不動産会社などが訪ねてきます! その情報は裁判所に行けば誰でも見…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍