メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

新型コロナの影響が長引いていますがあなたの住宅ローンは大丈夫ですか?

タグ / /

自粛で大変だった緊急事態宣言が解除されたものの、これで収まるかと思いきやまたしてもコロナウイルスの感染者数が全国的に増えてきていていてこの先いったいどのようになっていくのか予断を許さない状況だといえるのではないでしょうか。

予想以上に長引いているコロナウィルスの影響

緊急事態宣言が解除になったすぐあとに住宅ローンの夏のボーナス払いがあり大変な思いをされたという方もたくさんいらっしゃると思います。
銀行に相談して今回のボーナス払いのみ免除してもらったような方はまた数ヶ月後には次の冬のボーナス払いの時期がやってきますので気が気でない状況なのではないでしょうか。

というのもコロナの影響が想定以上に長引いているからです。
緊急事態宣言中に自粛すればあとは夏になってコロナウイルスの勢力も弱まると予測されていて誰もが今のコロナの状況までは想像できていなかったはずです。

特に飲食業や運送・運輸業、観光業などに深刻な影響が出ていて回復のきざしが見えないために仕事の自粛期間も長引いて給料が目減りしているという人が多いです。
当然ボーナスも無傷ではいられません。出ればいい方でまったくボーナスが出ないという人もいるでしょう。
ボーナスが出なくても給料が出ているだけマシ、給料が減っても雇われているだけマシとどんどん収入は減っていくものの住宅ローンをはじめとした支出はなかなか減らせるものではありません。

コロナの状況を打破するつもりの転職が

またこういった時期に転職を考える方はさらに慎重を期すべきです。
というのも先日のご相談者様でこのコロナの状況を打開するために転職したものの聞いていた話とは違い、さらにコロナが長引くことで転職前よりもさらに状況が悪化したケースもあったからです。

このご相談者様は運送の仕事をしていたのですが、コロナの影響で同じ運送業界で転職をしました。転職先は業務委託契約でした。つまり出来高制のフルコミッションです。そしてその仕事を受けるためにはその運営会社の指定する軽トラックを改造した貨物自動車を購入して先行投資をする必要がありました。
ご相談者様は転職を検討している時に聞いていた条件ならその先行投資分も早期に回収できるとふんで軽トラックを購入する決断をしました。

しかしその軽トラックを購入する際の頭金は住宅ローンのボーナス払いにと置いていたお金だったのです。
結局それでボーナス払いに取っておいたお金を全てつぎ込んだあげく、荷物の委託量はまったく増えずに、さらにコロナの影響が長引くにつれて荷物の量はどんどん減ってしまい、ますますジリ貧になっていってしまいました。

つまり簡単に言うと転職して軽トラックを買わされて収入は増えなかったということです。
儲かったのはそのトラックを売った業務委託元だけというカラクリでした。

収入が減って住宅ローンなどの支払いに追われ出すとどうしても一発逆転ホームランを狙いたくなるのはとてもわかるのです。
しかし先行投資が必要だったり準備に借金をしなければならない転職は今この時期にチャレンジしても成功の可能性は低いです。
ご相談者様もその転職を非常に後悔されていました。しかしトラックも買ったしやるしかないのです。

ご相談者様はとにかく家の住宅ローンはもう難しいとのことで家は任意売却で売却されました。そしてとにかく安い家賃の賃貸アパートに家族と引っ越しされたのです。
これで住居費は半分くらいになりました。そして今は業務委託元以外の仕事も少しずつ増やしながらコツコツとやっていっているそうです。

コロナの影響が続く時期だからこそ慎重な行動を

コロナの影響で住宅ローンの支払いに窮して毎日が憂鬱だという人も多いと思いますが、このような時期だからこそ新たな借金は絶対にしないほうがいいです。それが転職に必要だったり自営業の方であれば新たな設備投資や改装や大規模な販促などなど空振りになると大打撃になることに全財産をかけてはダメです。

コロナの影響が長引いていていろいろ打開策をやってみたがうまくいかずに住宅ローンを含めてお金のことで悩んでいるとい方はまずは経験豊富な当社にご相談してみてください。
私どもに相談したからといって必ず家を売らなければならないということはありません。
私たちはご相談者様にとって一番良い問題解決方法はなんなのかということをご相談者様と一緒に一生懸命に考えご提案させて頂いています。

任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

最近の記事

離婚の際に夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたい場合はどうすればいい?

離婚するので夫婦共有の住宅ローンをどちらかにまとめたいとお考えの方は多いのではないでしょうか? ご相談で多いのは旦那が離婚して家を出て奥さんと子供が家に残るというケースです。 この場合で住宅ローンが夫婦の連帯債務もしくは旦那の単独名義の場合…

住宅ローンを滞納しやすい人の8つの傾向とは?多く当てはまる人はご注意!

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却で家を売却せざるを得なくなった人はどのような人が多いのでしょうか? 今まで数多くの住宅ローン問題のご相談を承ってきたなかで住宅ローンが払えなくなる人には一定の傾向があります。 思いつく限り8項…

親子リレーローンで二世帯住宅を建てたが息子がうつ病になり支払い不能に!

今回は両親の家に同居していた息子さんが結婚するとのことで父親名義だった家を二世帯住宅に建て替えて親子リレーローンを組んでいた千葉県松戸市のご相談者様のお話しです。 息子様の結婚を機にもともと父親名義で購入した土地建物の住宅ローンがまだ少し残…

トラックの運転手で収入が良い時に買った家の住宅ローンが払えない!

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか? しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。 今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった…

競売開始決後に自宅に来た業者に任意売却を頼むもうまくいかず当社が任意売却

住宅ローンを滞納して債権者から競売申立をされて裁判所から競売開始決定をされてしまうと裁判所にその不動産が競売になっているという情報が開示されます。 競売開始決定をされるとすぐに不動産会社などが訪ねてきます! その情報は裁判所に行けば誰でも見…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍