メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

住宅ローンを払うために借りたカードローンに給与を差押えられた!

タグ / /

今回は住宅ローンの返済のためのお金をなんとか工面するためにカードローンやキャッシングからお金を借りていてその中の1社から給与差押えをされてしまい大ピンチになって当社にご相談頂いたご相談者様のお話です。

収入を増やそうとしたばっかりに…ギリギリの返済が崩れ

このご相談者様は13年前に買った家の住宅ローンだけは遅れまいと必死に今までお金のやり繰りをして住宅ローンの返済資金を工面してきていました。
最初はカードローンやキャッシングなどから借り入れをしなくてもギリギリでしたが住宅ローンの返済はできていました。

そのぎりぎりの状態でバランスしていた家計の収支が狂い出したのが1度目の転職だったそうです。
ご相談者様はぎりぎり住宅ローンを払っている状態を何とかするためには収入を増やすしかないと考えていました。そしてたまたま知人が独立したとの連絡があり今よりも給料を出すという誘いもあって収入を増やしたいと考えていた時でもあったのでまさに渡りに船でその知人が立ち上げた会社に転職したそうです。
期待に胸を膨らませて転職したものの転職先の会社の業績は上向かずに収入が増えるどころか逆に減ってしまったのです。知人である社長に当初の約束通りの給料をもらえないか、住宅ローンの返済が厳しくこのままだと持ちこたえられないと何度も依頼したそうです。しかし業績が回復したら必ず約束以上に給料を払うと言うばかりで結局一度も約束通りの給料をもらえることはありませんでした。

その時にご相談者様は奥様に心配をかけてはいけないと考えて奥様には転職先の給料が減っていることを隠して話しませんでした。
そして足りない分をカードローンやキャッシングで補填することに手を染めてしまったのです。
その時のご相談者様の気持ちとしては、会社の業績が回復したら今まで払えていない分も含めて給料を多くもらえるという知人社長の言葉を信じてそれまではなんとか持ちこたえようと考えていたそうです。
しかしいつまでたっても給料が増えることはなかったのです。

返済のための返済。まさに雪だるま式に膨れ上がり

カードローンやキャッシングの借り入れ残高はすでに600万円ほどになっていて数社の借り入れ枠はいっぱいでそれ以上借り入れできず、住宅ローンを払うためだけではなく他社のカードローンやキャッシングの返済をするために別の新たなカードローン会社からまた新たに借りるということを繰り返して多重債務の額は雪だるま式に膨れ上がってしまいました。

しかしもうダメかなと思い始めていたこの時に知人社長が見るに見かねて知り合いの会社を紹介してくれたのです。うちではまだまだこれ以上の給料は払えないからと頼み込んでくれたのでした。
そしてご相談者様はすぐにその社長の紹介先の会社に転職することを決めました。ご相談者様は特殊技能がありそれが加味されて転職先の給料は転職当初考えていた給料よりもさらに上がったのでした。
ご相談者様もこの時はこれでなんとかなる!とほっとしたとおっしゃっていました。

しかししかしこの後さらなる試練がご相談者様を襲うのです。
転職前に滞納していたカードローンの1社から給料の差押えをされてしまったのです。
給料の25パーセントを天引きされてしまうため大ピンチになり、結局住宅ローンまでも払えなくなってしまったのでした。カードローンの1社が給与差押えという大ナタを振るったことで今まで微妙なバランスの上に成り立っていた返済もできなくなりあちこちの返済を滞納してしまいます。

そして給与差押えをされて住宅ローンも払えなくなり、もうダメだと思い当社にご相談されたのでした。
この時すでにカードローン各社からの督促もものすごい勢いで家にも携帯電話にも入り出していて結局奥様にもばれてしまいました。
そして奥様は愛想をつかして子供を連れて実家に帰ってしまいました。

まずはこの鬼のような督促を止めなくてはいけないため頼りになる弁護士さんに入っていただくところからスタートしました。
そしてご相談者様は手元にお金もないことからできるだけお金のかからない手続きをするために先に家を任意売却で売却しました。
そして任意売却後に住宅ローンの残債とその他のカードローンなどの債務を法的に整理し身軽になって再出発を果たせたのでした。

借入で解決しようとせずに専門家に相談ください。

ご相談者様はその間もずっとお仕事は続けていましたので、給与差押えもなくなり上がった給料がまるまる入ってくるようになり、最低限の家賃で職場にも近いところに家を借りて今では余裕を持った生活を送ることができています。

任意売却の決済時にご相談者様がおっしゃっていたのは、最初に転職して思い通りに行かなかった時にカードローンなどを借りずに相談していればよかったということです。
まあ今となればそう思えるのですが渦中にいるときは必死なのでなかなか冷静に考えることは難しいということです。

多重債務や給与差押えでにっちもさっちもいかず悩まれている方はぜひ経験豊富な当社に今すぐにご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

最近の記事

管理費や修繕積立金の滞納で管理組合から競売申立されると意外に大変

マンションの管理費や修繕積立金を滞納して滞納額が多額になってくると最終的にはマンション管理組合から差押えをされて競売申立てをされてしまいます。 一度マンション管理組合からの競売申立てをされてしまうと競売申立てを取り下げてもらうには管理費や修…

 

任意売却相談のブログへ戻る

代表書籍