メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

任意売却した後にブラックリストに載ることで被るデメリット

タグ / /

住宅ローンを滞納しているわけではないのですがオーバーローン状態で売るに売れないため任意売却で家を売却するという選択をされる方は一定数いらっしゃいます。
事情は離婚が一番多いですがいろいろな事情でとにかく家を売却したいというケースです。
頭金をあまり入れずに住宅ローンを組んだ場合には家の購入後の年数があまりたっていない状況だと住宅ローンの残債があまり減っていないことが多いです。
家の売却できる相場の価格よりも住宅ローンの残債が多ければオーバーローン状態となり売却時に自己資金の持ち出しをして住宅ローンを完済しなければいけません。
しかし様々な事情で手持ちの自己資金が用意できないが家は売却してしまいたいということが発生するのです。

オーバーローンの場合は任意売却で売却が可能だが

そういう場合は任意売却で売却することが可能です。
任意売却の手続きで家を売却すること住宅ローンの残債が多く残っていても家を売却することが可能となります。
しかし任意売却の手続きで家を売却するには住宅ローンを滞納していく必要が出てきます。
そして一定回数滞納したあとに一括請求されて保証会社がついている場合は代位弁済されたタイミングで任意売却を仕掛けることになります。
その過程で個人の信用情報に住宅ローンを滞納した履歴や一括請求されて代位弁済された事故の履歴が残りますので、その後の新たな借り入れが出来なくなるのです。
これが俗にいうブラックリストに載るということです。

ブラックリストに載るデメリットを冷静に見極めよう

任意売却で家を売却してブラックリストに載ったことで受けるその後の不利益は、新たなローンが組めなくなるという1点だけです。
新たにクレジットカードを作ろうとしても信用情報に照会されると事故歴が引っかかるため審査が通りません。
車のローンやキャッシングなども借りられなくなります。
しかしそれ以外はとくに普通の生活を問題なく送ることができます。
今の預貯金や車などの財産を差し押さえられることはありませんし、海外旅行もできます。
基本的には上記の不利益以外の部分では普通の生活を送ることができると考えてもらって大丈夫です。
なので家を売りたくて仕方がないのにオーバーローン状態で売るに売れない時間を長く過ごすことに耐えられないという場合は任意売却で家を売却することを検討することで目的を達成できる可能性があるということです。
オーバーローンで売れない家を売ってしまいたいという方はぜひ任意売却の経験豊富な当社にご相談ください。
デメリット面もきちんとご説明の上、目的を達せられるようアドバイスさせて頂きます。
私たちはご相談者様にとって一番よい形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

任意売却するとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?
任意売却とは?

このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
任意売却相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士の任意売却サポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。
≫ 相談員の詳細を見る

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

/ /

 

最近の記事

住宅ローン借入時の修正申告が原因で国税から差押えられ公売された!

家を持っている人が税金を滞納してしまってその滞納額が増えてくると、かなりの確率で家を差し押さえられてしまいます。 そして家を差し押さえられても税金の滞納を解消できなければいずれ家は公売にかけられてしまうのです。 もし家を公売にかけられてしま…

持ち家の任意売却と一緒に生活保護の申請もお手伝いして一件落着

様々な理由で収入が絶たれて働けなくなったときに住宅ローンが払えないどころか毎日の生活費もままならないという場合の最後の砦が生活保護ですよね。 しかし住宅ローンの残っている持ち家があると生活保護の申請をしても認めてもらえず役所に冷たくされて他…

 

任意売却相談のブログへ戻る