ホーム > 離婚・住宅ローン返済が厳しい方、任意売却で解決

離婚協議中、離婚成立後の住宅ローン返済等が厳しい方へ、任意売却で解決いたします。

ご夫婦が離婚することに伴い、出てくるのがマイホームのローンの支払いに関する問題 です。

マイホームの購入時は『夫婦でお互いに支え合い、共に残債を支払っていく』という金銭消費貸借契約をしていても、別れてしまうと二人で共に住宅ローンを支払っていくことは当然難しくなります。

『離婚をしよう』と決めたとき、ほとんどの方は『夫婦二人のプラスマイナスの財産を分けて、後腐れなく綺麗にしたい』と思われることでしょう。

マイホームのローン返済の問題で、なかなか綺麗に離婚することができずお困りになられるケースも多いです。

離婚におけるマイホームの住宅ローン問題には様々なものがあります。
□ 離婚に合わせて住宅を売却するのか?
□ 住宅を売却せず、どちらかが住み続けるのか?
□ 連帯債務者(または連帯保証人)を変更できるのか?
□ 共有名義になっているが、持ち分はどうなるのか?
□ 夫婦それぞの共有名義の変更はできるのか?
□ 残債の支払者が滞納した場合、自分に支払の義務はあるのか?

不動産を売却し、その売却益から残りの借金を返済して余ったお金があれば、それを『財産分与』の対象として分けることもできます。
『マイホームを売ってローンを返済し、残ったお金を離婚する夫婦それぞれで分ける』というシンプルでスマートな方法です。
ただし、これは残債務が実勢価格(実際に売却できる価格)よりも少なく、マイホームを売却したお金で残債務をすべて完済でき手元にもお金が残る場合の話です。

ところが売却して残債務が残る場合は、離婚による不動産の財産分与をスムーズに進めることが困難になってきます
『離婚してマイホームを売却しても残債務が残ってしまう』といった場合、いわゆるオーバーローン状態の住宅については、残債の残りの支払い分に追い足すお金があればいいのですが、追い足すお金がない場合、直ぐには売却出来ない状況になってしまいます。

マイホームのローンが完済できないと、銀行等金融機関の抵当権も抹消ができず残ったままになります。
抵当権が残ったままで実勢価格より抵当権の額が多くその残債務額で不動産の買い手を見つけるのはなかなか難しいことでしょう。
このような場合は、住宅ローンを組んだご夫婦が金融機関と話し合いを行い、返済しきれない残債を残したままで抵当権を解除してもらう等の必要があります。
それが任意売却という方法なのです!

『離婚後も住宅ローンを支払いながら住み続ける』、『自分は離婚してマイホームを出るが、ローンが終わるまで自分の債務分は払っていく』等、離婚後もご夫婦のどちらかがマイホームに住みながらローンの支払いを続けるということをされている方も多数おられます。

しかし、社会情勢、金融情勢の変化が激しい昨今、『離婚後も残債を支払いながら住み続ける』という方も、『自分は離婚してマイホームを出たが、ローン返済が終わるまで自分の債務分は払っていく』という方も、離婚後のライフスタイルの変化等により残債を支払うことが困難になられるケースが多いです。

そのように離婚後に住宅ローンを支払うことが困難になりマイホームを売却せざる得ない状況でも、『離婚した相手にもう関わりたくない』、『離婚した相手に連絡しづらい』といったことなどから問題を後回しにされ、滞納が続いてしまい住宅ローン返済の問題が大きくなった時には、“もう任意売却もできず不動産競売しか選択肢がない”といった事態に陥る方もおられます。

離婚による住宅ローンでお悩みの方は、フリーダイヤル 0120-889-281へお気軽にご連絡ください。
ご相談は無料。受付時間は9:00~23:00、年中無休です。日本全国を対象にご相談を承っております。秘密は厳守いたします。

メールフォームでのお問い合わせも受け付けております。折り返し相談員より連絡を差し上げます。

メールフォームでのお問い合わせ

また、『借金が残っているので、すぐには売れない』、『どうしたらいいのか分からない』ということで、マイホームの共同名義をそのままにして離婚される方も少なくありません。
しかし、離婚後はお互い別々の生活が始まりますので、どうしてもライフスタイルに変化が起こります。
そもそも夫婦で住むために組んだマイホームの住宅ローンです。離婚によるライフスタイルの変化で、これまでのように返済を続けていけることができなくなってしまうことは往々にして起こり得るものです。
そのため、思わぬ事態により離婚した後も元パートナーに迷惑をかけてしまったり、逆に迷惑をかけられたりという住宅ローンのトラブルが起こってしまいます。

『どうしてもマイホームを売りたくない。離婚後も住宅ローンを支払いながら今の家に住み続けたい』という方も、トラブルを回避できるように不動産の名義や連帯保証の状況をしっかりと把握しておきましょう。


離婚と住宅ローンは避けて通れない大きな問題です。

現在離婚を考えておられる方や既に離婚した方で残債の支払いが厳しくなってきた方は、このような事態を避けるためにも早急にマイホームのローンの問題を解決していただきたいと考えます。

住宅ローンの残債が実勢価格より下回る状態いわゆるオーバーローン状態の不動産でも、「任意売却」の方法なら解決することが可能です。

お互いの新しい人生のためにも、離婚が原因によるローン返済の問題について、まずは当社にご相談ください。

全国住宅ローン問題返済相談センターには、離婚による返済問題の任意売却について実績がある女性相談員も在籍しておりますので、お悩みの奥様からのご相談も親身にお聞きいたします。
また、日本全国において離婚問題に強い弁護士等の専門家とも連携いたしております。
様々な状況のご相談に応じますのでフリーダイヤル 0120-889-281へ、どうぞお気軽にご相談ください。

《関連情報もお読みください》

お悩み解決集|離婚 |元嫁が家から出て行かない|東京都板橋区 T様(52歳) 『元妻が住んだまま売却はできるのでしょうか? 』というお悩みに、任意売却での解決に至りました。
お悩み解決集|離婚 |生活苦で住宅ローンが払えず競売に任意売却で解決!|東京都荒川区 U様(63歳) 『生活すらできない状況を回避したいですが、持ち家があると生活保護も受けられません。このまま競売を待つしかないのでしょうか? 』というお悩みも任意売却で解決いたしました。
お悩み解決集|競売申立|離婚調停中に夫が自己破産。自宅が競売に!|東京都江戸川区 A様(47歳) 夫側の弁護士に連絡を取り、任意売却で進めることができ成功いたしました。
お悩み解決集|離婚しても連帯債務者は外せませんか?|神奈川県横浜市 O様(43歳) 離婚をしても連帯債務者というのは外せないのが原則です。ご主人とも面談し、今後のことを考え早期売却することで合意をしました。
お悩み解決集|離婚 奥様のクレジットカード滞納|G様(41歳) 不動産は、ご主人と奥様との共有名義であった為、奥様と接触し任意売却の協力を得ました。
お悩み解決集|離婚 子供2人引取り、所得増えず生活が苦しい|E様(40歳) 給料上昇を期待し転職されたものの思うように行かず、生活費や子供に掛かる費用などで借金の返済まで行き届かず滞納をしてしまい、ご相談に来られました。
お悩み解決集|離婚 年老いたお母様と同居する為に購入した一戸建住宅|B様(67歳) 明日からの生活資金も不安な状態であった為、生活保護受給もご提案。任意売却も成功し、弁護士により任意整理手続きをされました。

競売では裁判所が一方的に売却作業を進めていきますが、「任意売却」ならそんなことはありません

任意売却活動を開始してから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヶ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。

任意売却の流れのフロー図
全国住宅ローン返済相談センターでは、これまで様々なケースの任意売却をお手伝いしてきました。相談者の希望を第一に、将来のためになるご提案を致します。
このページの先頭へ