ホーム > 自宅に住み続けたい方へ 親子間売買・リースバック・オーナーチェンジとは

任意売却で自宅に住み続けるリースバックという方法

全国住宅ローン返済相談センターに来られるお客様の中で、できれば何とかこのまま今の自宅に住み続ける事は出来ないですか?
会社の自社ビルをそのまま借りれないですか?と質問される方は多くいらっしゃいます。

条件を満たせば住み続けることは可能ですが、当然所有者の地位は外れないと住み続ける事は出来ません。方法は所有権移転後購入者に家賃を支払うということで合意できる方に購入してもらう方法です。

住宅ローンは支払えない、事業ローンが支払い困難だ、このままだと競売・強制執行で退去になってしまう。
任意売却はしても良いけど子供を転校させたくない。親の介護があるので今の生活環境を変えることが出来ないといった事情もございます。
自宅が競売にかかったけれど自宅を法人の事務所登録しているので移転が難しい。
任意売却であれば売買金額で合意し購入者と話合いでそのまますみ続けることができます。

全国住宅ローン返済相談センターで提案させていただく手法

親子間・親族間売買…親子、親族に購入してもらい住み続ける方法
リースバック…購入者と一定期間の賃貸借契約を結び賃貸として住み期間終了までに自宅を買戻しする方法
オーナーチェンジ…不動産投資目的で購入した投資家からそのまま賃貸住宅として住み続ける方法

上記の方法が、ご自宅の所有権を売却し、購入者と賃貸借契約を結ぶことで引続き住み続けること、事業を続ける事が可能となり、引越労力や支払の負担が軽減することが出来ます。

任意売却による親子間売買

住宅ローンの滞納が続き、不動産競売開始決定や役所からの差押等がついた時点で、自宅に愛着のある所有者は「自宅を手放したくない!」なんとかこの家に住み続けれないものだろうか?と考える人も多く相談を受けます。
競売か任意売却かの選択になりますが確率的に言うと断然任意売却の方が購入できると考えます。なぜなら競売は誰しもが入札に参加できるからです。任意売却は相対取引なので確実に購入できます。
そのまま住みたいという方の理由は様々ですが、子供を転校させたくない、今更他所に行きたくない、仕事の関係上離れるとマイナス影響がでるのでマズイとかの理由が圧倒的に多いです。

そんななかでも他人に売却したくないという方が最も多く、家族の中で社会人になっている息子や娘様がいる場合
「どうにか子供に住宅ローンを組ませてこのまま住み続けれないか?」とか、それが難しいなら金銭的に余裕がある親類等がいる場合は「親類縁者に頼んで上手く購入させることは出来ないか?」等、相談が多いですね。

こういう依頼が多いので弊社では親子間売買、親族間売買、知人への任意売却のお手伝いをさせていただいています。
親子間売買は任意売却の取引としては非常にレベルが高い取引なので、個別プランを提案させて頂きます。
任意売却をするうえで親子間売買のスキルレベルが高いというのは住宅ローンを扱うことが出来る金融機関が無いという事が1番の理由です。
まだ親族親類に購入していただく場合の任意売却取引は比較的難しくはなく、賃貸契約内容や将来の買戻しに対しても無理がない契約が出来ると思うので、非常にスムーズに人間関係だけの対応になるので任意売却がしやすいと思います。

任意売却でリースバック

「リースバック」とは、略語で本来は「セール・アンド・リースバック」といいます。
この手法も任意売却においては最近ポピュラーになりつつあります。
親子間売買や親族間売買できる相手がどうしても見つからない場合で、自宅に思い入れがあり、絶対手放したくないという方に勧める方法の一つです。

所有していたマイホームを任意売却した後、購入した新所有者である第三者より当該物件に対して家賃を支払い、大体1年から5年間くらいの一定の期間を設けて借り受ける事で、賃貸住宅として住み続けていただきます。

リースバック物件を買う買主様はどういう方かというと「大家業営んでいる方・不動産投資家・不動産会社様」がほとんどです。
買主は所有者が買戻しが出来ると考えた一定期間約1年から5年が目安の賃料を得ることが目的なので賃料はご近所の家賃相場、買戻し費用、売買価格を参考に話し合って客観的に決定します。
将来、買い戻す事を条件に投資家に購入してもらう約束をする方が「セール・アンド・リースバック」で、この方法を選択されます。

任意売却後一定の機関を設けて買戻しをする際の条件をつけて購入して貰うため賃料の設定や買戻しの額、期間等について詳細に約束事を決めて任意売却の取引します。 買戻しが出来ない場合でも賃貸借契約を解除すれば問題は無いです。リースバック方式は細部を決め手の契約になるので任意売却後の自宅を住み続けるにはポピュラーになってきています。

投資物件への任意売却

任意売却でオーナーチェンジ

任意売却でオーナーチェンジとは投資目的で購入した任意売却物件の所有権を第3者(投資家)へ売却する方法です。

リースバック方式と違うのは単純に所有していたマイホームを売却した後、任意売却で買っていただいた第三者より当該物件を賃貸住宅として借り受ける事で住み続けていただきます。第3者と言ってもそのまま賃借人として受け入れて頂ける方に購入していただくのです。買戻しの約束などはありません。

競売では裁判所が一方的に売却作業を進めていきますが、「任意売却」ならそんなことはありません

任意売却活動を開始してから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヶ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。

任意売却の流れのフロー図
全国住宅ローン返済相談センターでは、これまで様々なケースの任意売却をお手伝いしてきました。相談者の希望を第一に、将来のためになるご提案を致します。
このページの先頭へ